プレミア音楽CDは幾らまで価格相場を吊り上げることができるのか

ゆーすけです。


前回の講義では「プレミア音楽CD」を買い占めることで、言い値販売と独占販売ができる理由として

・インターネットで出品されている1~2枚だけでも十分買い占めできること
・ファンやマニアたちはお金に糸目をつけないこと
・CDそのものに価値があり、一定の需要が見込めること

という理由を解説させていただきました。


※前回の講義はこちらから。
> なぜ「プレミア音楽CD」で言い値販売・独占販売して稼げるのか


今回の講義では、前回の講義の中で発生した疑問点である

「プレミア音楽CDは幾らまで価格相場を吊り上げることができるのか」

を解決する方法として、

「ファン・マニアたちが買っても良いと思えるプレミア音楽CDの限度額の調べ方」

について解説していきたいと思います。


それでは早速いってみましょう!



プレミア音楽CDが売れる限度額の調べ方

プレミア音楽CDのように定価が存在せず、流通量が増えないような商品の場合、

「過去にどれだけの価格で取引・落札されたか」

を調べるだけで、その商品が売れる限度額が分かります。


要するに、過去に今現在の価格相場より高額な取引が複数回行われている記録があれば、その価格帯までなら相場を上昇させても、ファン・マニアたちはお金を払ってくれるということです。


そして

「過去にどれだけの価格で取引・落札されたか」

は、こちらのサイトを使うだけで簡単に調べることができます。


■オークファン
http://aucfan.com/
オークファン



オークファンは、主にヤフーオークションでの落札履歴を、過去何年にも遡って確認することができるサイトです。


落札価格はもちろん、入札が何件あったのか、いつ落札されたのか、オークションの開始価格は幾らだったのか、そして商品説明の内容まで確認することができます。


これについては言葉で説明するよりも、実際の画面を見ていただいたほうが分かりやすいと思いますので、実際の商品を例にして説明しますね。


<MINIQLO(ミニクロ)/Paralyzed Frequency>
MINIQLO(ミニクロ)/Paralyzed Frequency


こちらのCDは、GARNET CROWのLIVE会場でのみ販売された限定CDですが、この記事を書いている時点でのヤフーオークション出品状況は以下のような感じでした。


MINIQLO(ミニクロ)/Paralyzed Frequency ヤフオク


画像をご覧いただければお分かりの通り、9,000円と9,800円の2つが出品されていますね。


では実際に、このCDをオークファンで検索し、試しに過去3年間分の落札履歴を調べてみます。


MINIQLO(ミニクロ)/Paralyzed Frequency オークファン


上記のオークファン画像は「落札価格の高い順」に並び替えた履歴の上位4つになりますが、12,000円 ~ 13,000円で実際に落札されていたことが分かります。


つまり、MINIQLO(GARNET CROW)のファン・マニアたちは、Paralyzed FrequencyというCDに対して、12,000円 ~ 13,000円までならお金を払ってくれるということです。


それにも関わらず、この記事を書いている時点では開始価格が9,000円・9,800円という出品であるため、もし開始価格のまま落札されてしまったら、

「本来余分に稼げたはずの3,000円 ~ 4,000円分の利益を取り損なっている」

という、非常に勿体無いことをしてしまっていることになるわけです。


ここで察しの良いあなたならお気づきかと思いますが、私はこのような

「本来余分に稼げたはずの利益を取り損なっているプレミア音楽CD」

だけを買い占めて仕入れ、過去の落札価格まで相場を上げて独占販売し、その分の利益を得ています。


先ほどの「MINIQLO(ミニクロ)/Paralyzed Frequency」で言えば、ヤフーオークションに出品されているCDを全て買い占めることで、

・仕入れ:9,000円 → 転売額:13,000円、差額利益:4,000円
・仕入れ:9,800円 → 転売額:13,000円、差額利益:3,200円

という「稼ぎ方」が可能になるわけです。



数万円の資金から始められる、目利き不要のせどり・転売ノウハウ

ここまでで、私が実際に取り組んでいる

「プレミア音楽CD買い占めせどり・転売ノウハウ」

の内容は、ほぼ全てお伝えしました。


細かなテクニックはもう少しあるのですが、このノウハウの根幹となる部分はここまでお伝えしたことが全てです。


最初の講座でもお伝えしましたが、せどり・転売というビジネスは

「価格相場の変動を見極めた、仕入れ商品の目利き」

が非常に重要なプロセスになります。


しかし実際問題として、この商品目利きのプロセスが最も難しく、

「せっかく商品を仕入れたのに、相場が下がって赤字になってしまった…」

というせどらー・転売ヤーが後を絶たないのが現状です。


しかし、このプレミア音楽CD買い占めせどり・転売ノウハウであれば、価格相場の変動を見極めた商品目利きは必要はありません。


なぜなら、商品を買い占めてしまうことで、価格相場を自分で操ることができるからです。


強いて言うなら、このノウハウで必要な商品目利きは

・定価よりも価格が上がっているCDを見つけること
・今の価格相場が過去の価格相場より下がっているCDを見つけること

だけですね。


と言っても、Amazonやヤフーオークションを徘徊していれば、定価よりも価格が上がっているCDなど腐るほど見つかります。


価格相場の確認も、オークファンで検索するだけです。


実際に私は、仕入れ候補となるCDは10分に2~3個くらいは見つけることができていますからね。


また、仕入れにかかる資金も少なくて済む場合もあります。


先ほど紹介した「MINIQLO(ミニクロ)/Paralyzed Frequency」も、この記事を書いている時点では2枚のCDを仕入れるだけなので、必要な仕入れ資金は18,800円です。


その上で粗利益は7,200円を見込めるのですから、これほど割の良いせどり・転売ノウハウは他にないと思います。


「でも実際にやってみるとなると、ちょっと不安かも…」

とあなたは思われるかもしれませんので、次回の講座は「実践編」ということで、仕入れの判断や収益シミュレーションについて、実際の商品を例に解説していきたいと思います。


どうぞお楽しみに。


次章:プレミア音楽CDの仕入れ判断と収益シミュレーション



CD1枚で数千円の利益を上げる「せどり・転売ビジネス」講座

・第1章:個人の力で「独占販売・言い値販売」を可能にする唯一のせどり・転売戦略

・第2章:なぜ「プレミア音楽CD」で言い値販売・独占販売して稼げるのか

・第3章:プレミア音楽CDは幾らまで価格相場を吊り上げることができるのか

・第4章:プレミア音楽CDの仕入れ判断と収益シミュレーション

・第5章:競合する危険は無いのか? 私がせどり・転売ノウハウを無料公開する理由

・第6章:Amazon出品制限を味方に付ける、唯一のCD・DVDせどり・転売 (New!)


・補足1:プレミア音楽CD・DVDの「回転率」について (重要)

・補足2:せどり・転売は「利益率」より「利回り」を見ろ! その理由とは?

・補足3:ヤフオク1円出品のメリット・デメリット



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ブログ管理人「ゆーすけ」

プロフィール

「音楽」と「車」と「猫」が好き

 

せどり・転売とアフィリエイトの
二足わらじで稼ぐ「ゆーすけ」

 

> プロフィールはこちらから

アーカイブ

このページの先頭へ