Amazon返品・返金時の「配送料」「返送料」の注意点について

ゆーすけです。


Amazon上で物販を行っていると、どうしても避けて通れないのが

「購入者からの返品・返金依頼」

です。


商品ジャンルにもよりますが、基本的にAmazonでは特別な商品を除き、30日以内の返品・返金が規約によって認められているため、大抵の場合、セラーは購入者からの返品・返金依頼に応じなければならないからです。


そして、返金の際に挙がってくるのが、

  • 商品発送時に掛かった送料
  • 商品返送時に掛かる送料

これら「送料」に関わる問題かと思います。


そこで今回は、Amazon返品・返金時において

  • 商品発送時に掛かった送料は返金する必要があるのか?
  • 商品返送時に掛かる送料は誰が負担するのか?

について解説していきたいと思います。



商品発送時に掛かった「送料」は返金する必要があるのか?

これは先に結論から申し上げると、

  • 販売時、「配送料」を1円以上に設定している(送料無料でない)事
  • 返品理由が「購入者都合」である事

これら2つの条件を満たす場合のみ、販売時の「配送料」を上限に返金する必要はありません。


例えば、

「商品:1,000円、配送料:500円 = 合計1,500円」

このように販売した場合、購入者都合による返品(必要なくなった、間違えて購入した等)に限り、「配送料:500円」は返金する必要がないということですね。


ただしあくまでも「配送料を上限に」ですので、実際に掛かった送料が600円だったとしても、返金額から差し引いて良いのは500円までとなります。


(ちなみに「配送料は返金する必要がない」だけであって、実際に返金しないか否かの判断はセラーに委ねられますので、配送料を返金しても問題はありません。)


そして一方、

「商品:1,500円、配送料:無料 = 合計1,500円」

このように送料無料で販売した場合、例え購入者都合による返品であっても、実際に掛かった送料を返金金額から差し引く事は許されません。


要するに「配送料」という名目でお金を頂いていない場合、いかなる理由があっても配送料を返金額から差し引く事はできないということです。


加えて、上記の説明はあくまでも「購入者都合による返品」の場合であり、セラー責任の返品(初期不良など)の場合は、頂いた配送料も含めて返金する必要がありますので注意してください。



商品返送時に掛かる送料は誰が負担するのか?

こちらも先に結論から申し上げますと、

  • 購入者都合による返品:返送料は「購入者負担」
  • セラー責任による返品:返送料は「セラー負担」
     → 送料着払いで返送してもらう

という感じになります。


まあこの返送料については、そこまで詳しく説明するまでもありませんよね。


要するに「返品の原因を作った者が返送料を支払う」というだけのことですので。


ただここで、先立ってお伝えした「配送料」、そして今回の「返送料」共に、共通して1つ注意点があります。


それは

「配送料を返金しない場合、または返送料を購入者負担してもらう場合、必ず“Amazon規約のURLと共に”事前にその旨を購入者に伝える事」

という点です。


何故なら、全ての購入者がAmazon規約を知っているわけでは無いため、無言で配送料を返金しなかったり、返送料を負担させてしまうと、クレームや、最悪の場合「マーケットプレイス保証」の申請に繋がる可能性も有るからです。


故に購入者都合による返品依頼が有った場合、必ず事前に、

  • 頂いた配送料は返金できません
  • 商品返送に掛かる送料はお客様負担となります

という旨のメッセージを、Amazonの返品・返金規約が書かれている以下のURLと共に伝えるようにしてください。

■返品・交換の条件
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=202063080



そのような事前の対策こそがクレームの抑制、また場合によっては返品依頼の取り消しに繋がるということです。



Amazon返品・返金時の「配送料」「返送料」の注意点 まとめ

<配送料の返金>
購入者都合の返品依頼、かつ販売時に「配送料」を頂いていた場合のみ、返金額から配送料を差し引いても良い。


<返送料の負担>
購入者都合の返品の場合は「返送料は購入者負担」、それ以外は「返送料はセラー負担」


以上、Amazon返品・返金時の「配送料」「返送料」に関するまとめでした。


ぜひ参考にしてください。



せどり・転売基礎講座

せどり・転売ビジネス全般

せどり・転売は「悪」なのか? せどり・転売の本質について

せどり・転売をやって良い人・ダメな人 【超重要!!】

初心者がせどり・転売で稼ぐために必要なのは「ノウハウ」か「ツール」か?

せどり・転売の作業効率をアップさせる便利な「無料ツール」について

Amazon関連

どちらがお得? Amazonの小口出品と大口出品の違い

価格設定に要注意! Amazon小口出品の手数料と送料について

Amazon返品・返金時の「配送料」「返送料」の注意点について

Amazonで横行する「代引き決済」を悪用した販売妨害について

Amazonの「保留中」とは? 悪用した販売妨害・トラブルについて

Amazonの「強制ポイント還元制度」に納得できない“あなた”へ

【続編】Amazonポイントプログラム変更と、中古スマホせどりへの影響

ヤフーオークション関連

落札キャンセルしても必要!? ヤフオクの手数料について

ヤフオクの「オークションアラート」とは? 登録・設定方法について

なかなか仕入れ出来ない? ヤフオク仕入れのコツについて

ヤフオク仕入れにおける「スナイプ入札」の有効性について

ヤフオク「ノークレーム・ノーリターン」に返金・返品を要求する方法

メルカリ(フリマ)関連

常識の範囲内って? メルカリ(フリマ)値下げ交渉の方法・コツについて

【ヤバイ!?】メルカリ事務局の「双方の補償」について

CD・DVD関連

ヤフオク海賊盤CD・DVD(偽物・コピー品)への注意点と対策について

CD・DVD発送時の梱包方法について

CD・DVDの発送方法と送料・追跡・補償について

CD・DVDのせどり・転売で研磨やクリーニングは必要か?

CD・DVDのせどり・転売で再生チェック・確認は必要か?

CD・DVDのせどり・転売でケース交換はするべきか?



CD・DVDを1枚転売するだけで数千円の利益を上げる「せどり・転売」ノウハウを無料公開中。そして今なら「狙い目の仕入れ情報」も無料配信中です!

もし、中古CD・DVDを1枚転売するだけで、数千円の利益を上げることができる

「せどり・転売ノウハウ」

が存在すると言ったなら。


・少ない資金で、
・商品目利きは一切不要で、
・家から外に1歩も出ること無く仕入れでき、
・参入者が増えれば増えるほど稼ぎやすくなる。


そんなこれまでに無い「せどり・転売ノウハウ」を、
今なら私のメールマガジンで絶賛無料公開中です。


そして今なら、

「このCD・DVDを狙えば間違いない」

という、狙い目商品の情報も漏れなく無料配信しています。


メールマガジンの購読はいつでも解除できますので、まずはお試しでも構いません。
ぜひ登録してみてください。


> 無料メールマガジンの購読はこちらから

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ブログ管理人「ゆーすけ」

プロフィール

「音楽」と「車」と「猫」が好き

 

せどり・転売とアフィリエイトの
二足わらじで稼ぐ「ゆーすけ」

 

> プロフィールはこちらから

ブログ更新チェック

最新情報

このページの先頭へ